Thinking at the Edge

モリエ代表の執筆した記事『日本経済が抱える起業家精神の欠如について』が2016年2月4日付けの新聞≪L'Opinion(ロピニオン)≫に掲載されました。モリエ代表はこの日本における起業家精神欠如の危機は北東アジア地域に進出したい欧米の中小企業にとってチャンスであり、日本の中小企業にとっても日本にいながらにして海外の中小企業と力を合わせ、安倍首相が言った「世界への大きなジャンプ」を実現するチャンスだと考えています。フランス語ですが御参考までhttp://www.lopinion.fr/blog/relais-d-opinion/japon-thinking-at-the-edge-96144